« | Main | ピンクのにあう王様 (または薔薇の値段の話) »

October 19, 2011

動物たちの夢と、言葉が降りてくること

 カバやゾウや、いろんな動物が商店街を抜け坂道を登っていく夢を見た。
 人も動物も、てんでに何かから避難していく。
 悲しくもなく、恐怖もなく、淡々と、少し切ないだけ。避難が間に合うかどうか(未来)を気にかけていないから、ここまで来れた、良かったなぁと、歩み続けるだけ。

 夢の中のゾウはお尻の左側がえぐれていた。飼育員らしきおじさんが、明日までは生きられないと言った。
 それでも、ここまで来れて良かったなぁと私は思った。
 坂道を登り切っても、見える風景がサバンナでないことに思い至ったのは目が覚めてから。

 でもそれは人の思うべきこと。ゾウは気にすまい。

 動物たちは「今」だけを生きてるのかな、動物たちの時間ってそんな風かな、と思わされた夢。
 今を生きる、生ききるって、そんな感じかな、と。

 「若くして死んだから彼は不幸だった、とは言うなかれ」と、白血病で逝った友人も書き残していた。
 彼も病を生ききった。
 動物たちと違って、人間には運命との和解が必要だけど、辿り着くところはそう違わないのかも知れない。


 白血病を得た友人が、確か2度目の骨髄移植手術を受けると知らせを受けたとき。
 「彼のために祈って下さい」との、知らせてくれた後輩の言葉に対し、私は「もちろん」と答えて電話を切った。

 だが、祈る言葉が見つからなかった。

 「彼の病気を治して下さい」では違うし、「御旨のなりますように」でも冷たすぎる。
 短気な私は、「じゃあどう祈ればいいんですか!」と神に怒った。

 すぐに言葉が降りてきた。

 「彼が為すべきことを為し、一番大切なたった一つを得ることが出来ますように」

 聖書のマリアとマルタの話は知っていたけれど、one thing needfulという言い回しは、その時私はまだ知らなかった。

 そんな風に言葉は降りる。
 今ここで、剥き出しで生きるときには。

|

« | Main | ピンクのにあう王様 (または薔薇の値段の話) »

「ペット」カテゴリの記事

「創作」カテゴリの記事

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/53027840

Listed below are links to weblogs that reference 動物たちの夢と、言葉が降りてくること:

« | Main | ピンクのにあう王様 (または薔薇の値段の話) »