« 祗園囃子 | Main | 『ポスト世俗化時代の哲学と宗教』 »

August 17, 2010

鮨 仙太

 ホントはここも教えたくないお店。高辻室町西入る。
 京都は、敢えてお寿司を食べようと思わなくても、美味しい和食屋さんのコースの中で握りが出てきたりするんだけど、逆に、お寿司を食べたいと思うと、なかなかコストパフォーマンスのよいお店がなかったりする。大丸の地下のイートインのお鮨が意外と美味しかったりするけど……それ以外は、まぁ、値段とお味の兼ね合いでそこそこのお店はあるのだけど……美味しいお寿司を食べるなら大阪まで足を伸ばさなきゃ、という感じで。

 それが突如、うちの近所に美味しいお鮨屋さんが出来てしまったから!
 まだ若い大将と奥さんの2人で切り盛りしている小さなお店。
 見渡しても、お客さんはほとんどお鮨を食べていない!つまみが充実しているのです。「美味しいものを食べさせたい」という気持ちが溢れる品揃え。さっと炙ったり、煮付けにしたり、手を抜かないその一仕事が魅力。もちろんお鮨は美味。しゃりも甘すぎず、江戸前に近い感覚。
 もっとしばしば行きたいお店なんだけど、予約しないと入れないからね。
 お客さんたちのほとんどはお馴染みさんで、それぞれは面識がないんだけど、お酒が入って時間が深まってくると、大阪の立ち飲み屋かって感じでお互いに会話が弾み、知らない同士が最後には「二次会どこ行くー?」くらいの勢いになってしまうところも大きな魅力。東京の店では経験ありませんね。
 みんな美味しい物好きが集まってますから、さすがに他のお鮨屋の話はしませんが、フレンチやイタリアンのお店の評判は、実に率直に情報交換します。

 祗園の高級寿司店もいいですが、こんな小さなお店が地元に愛されて栄えるのこそ、京都の底力だと思います。リピーターなしでは成り立たないマーケットの小ささが、京都の魅力を支えてるんじゃないでしょうか。

|

« 祗園囃子 | Main | 『ポスト世俗化時代の哲学と宗教』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/49167317

Listed below are links to weblogs that reference 鮨 仙太:

« 祗園囃子 | Main | 『ポスト世俗化時代の哲学と宗教』 »