« 『史的システムとしての資本主義』など | Main | 鮨 仙太 »

July 03, 2010

祗園囃子

 7月にはいると、祇園祭ですね。
 四条に買い物に出ると、コンチキチン……長刀鉾でお囃子の練習をしているのが聞こえてきます。
 我が町内の保昌山は、今年は山十三番です。
 ワールドカップと相まって、なんだかドキドキソワソワな季節です。

 それにしてもひどい湿気です。じっとしてると肩先から黴びてくるんじゃないかと心配になってきます……だって動くと暑いんだもん。これが京都の夏、日本の夏。

 ダンナの欧州出張のお土産でエシレバターがガッツリ入手できたので、ちびくろ○ンボみたいなパンケーキでも焼こうかなとか、野望はいろいろ広がります。バターは冷凍できるからね、次の出張まで余裕かな。
 とりあえず今夜は、いつもパリの空港CDGで買ってきてもらうチーズセットで、ミニピザを焼いてW杯観戦に備えます。

 そんなこんなで、もうすぐアルゼンチンvsドイツ、キックオフです!
 W杯ではいつものことだと思うんですが、人種差別に反対する宣言を、試合前に両チームのキャプテンが読み上げます。
 南アフリカの地で読み上げられる言葉、ちょっと感動的です。
 といってるうちにドイツ先制!!

|

« 『史的システムとしての資本主義』など | Main | 鮨 仙太 »

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/48789499

Listed below are links to weblogs that reference 祗園囃子:

« 『史的システムとしての資本主義』など | Main | 鮨 仙太 »