« ウォーラーステイン | Main | 『史的システムとしての資本主義』など »

June 15, 2010

もうひとつの『アフリカの日々』

 例の1Q84で引用されたとかで、ちょっと注目集まっちゃうのかなと思われるイサク・ディネセンですが、まぁ『アフリカの日々』はどうせ映画にもなっちゃってるし。

 その『アフリカの日々』の中でも印象的な登場人物、料理人の少年カマンテが、すっかりお祖父ちゃんになってから語った聞き書きと、カマンテによるアフリカンアートな絵や、さまざまな写真をまとめた大判本。

 こんな本出てたの知らなかったんですが、マーケットプレイスで安く入手できました。
 ファンにはたまらない一冊ですが、よく日本語訳なんて出版されたなぁ、と。

 魂の深いところで生きている人の言葉。

|

« ウォーラーステイン | Main | 『史的システムとしての資本主義』など »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/48632904

Listed below are links to weblogs that reference もうひとつの『アフリカの日々』:

« ウォーラーステイン | Main | 『史的システムとしての資本主義』など »