« 平和省 | Main | 久々に大笑いさせてもらいました »

April 18, 2006

E.Gorey『不幸な子供』『うろんな客』

久しぶりに絵本を買ってみました。
エドワード・ゴーリーという人の大人向き絵本。オカルト系掲示板の不気味な絵スレッドに名前が出てて興味をひかれ、ジュンク堂で見つけました。

『不幸な子供』は、お金持ちの家に生まれた娘がどんどん不幸になって死んでしまうお話。軍人のお父さんはアフリカに出征して原住民の反乱で殺され、母親はそのせいでやつれて死に、弁護士に預けられた娘は寄宿学校に放り込まれ、そこでいじめられてとうとう我慢できずに脱走し、道ばたで倒れてる間に家族の写真が入ったロケットも盗まれ、ごろつきに売られ、地下室で造花作りの内職をさせられ、あげくにほとんど失明、やっとごろつきのもとから飛び出したとたん、実は生きていたお父さんが娘を捜して車を飛ばしていたところに飛び出して、車にひかれて死んでしまい、けれど車から降りてきたお父さんは、あまりに変わり果てている娘に気づかずにthe end。
救いがなさすぎて笑ってしまうという転倒した癒し系として受け取られているらしい。描き込まれたペン画は昏いながらも魅力的。
皮肉なエンディングには物語の法則も働いているのだが(父娘の“再会”)、父娘は互いに気づかぬまま物語は終わってしまう。そこがいかにも現代的なのか。現に人生は往々にしてこのようなものでありうる。自らの罪を理解するギリシァ悲劇の英雄とはかけ離れた、自らを理解せずにただ流されるだけの、ふがいない登場人物。
「六の宮の姫君」もそうなんだけど、こういう風に主体として生きられないふがいなさは、女や女の子の属性なのだが、『不幸な子供』では、実は父親も同様にふがいないものとして描かれている。

『うろんな客』は、ある日家に入り込んできたフシギな生き物(直立アリクイみたいな愛嬌のある造形)と、結局はそれを受け入れて十何年も生活し続ける家族のシュールなお話。
「胡乱(うろん)」という言葉も死語に近いが、「うさんくさい」というような意味。
うろんな客はホールに駆けていって壁に鼻をくっつけたままじっとしたり、日曜日ごとにふさぎ込んで居間のドアの前で床に横たわり通行妨害をしたり、気に入らないことがあるとタオルをぜんぶ隠したり…と、行動原理が意味不明。
意味不明だけど家族が何となく受け入れて共存してるという状況は、いうまでもなくカフカのオドラデク(「父の気がかり」にでてくる正体不明の物体?生物?)を思い出させる。
ゴーリーのこの絵本は、子供や認知症の人の世話をしている人には、心に響くものがあるらしい。理解不能の相手に対して、ゆるく乾いた笑いで寛容になる方向。他方、カフカから私が感じるのは、寛容になること自体がさらに不気味であるような、癒しがたく不安な亀裂かな。

|

« 平和省 | Main | 久々に大笑いさせてもらいました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。
いつも、こっそり拝見させて頂いています(^^。

不幸というとサドの『美徳の不幸』を思い出します。
紹介されている絵本は読んだ事がないのですが、
悪い人に捕まって鞭でたたかれたり、殺人の手伝いを
させられたり・・・。結構、似ている部分がありましたよ。

ただ流されるだけのふがいない登場人物・・・ポランスキの『ピアニスト』の主人公もそんな感じでした。ただ、その映画の場合は、戦争で生き残った人たちの無力感や悔恨を表現しているうな気がして、好きでした。

そういえば『ゲド戦記』がジブリでアニメ映画になるみたい
ですね。あの硬質な感じが映画に少しでも反映されていれば
いいな・・・と思っています。
石に魅入られた魔女のエピソードが印象的でした。

Posted by: emishi | April 27, 2006 at 01:46

えみしさん、お久しぶりです。
E.ゴーリーには「敬虔な子供」という、さらに美徳の不幸な話もあるようです。
サドは悪徳の栄えも読みましたよー。個人的な悪徳は、サドの頃から現代まで、大して「進歩」してないように思いました。社会の悪徳の増大は……
また文学のお話読ませてくださいね。

Posted by: らら美@胃もたれ | April 28, 2006 at 03:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/9656528

Listed below are links to weblogs that reference E.Gorey『不幸な子供』『うろんな客』:

« 平和省 | Main | 久々に大笑いさせてもらいました »