« 京都観光 | Main | 四季料理 かわむら »

January 25, 2006

アナコンダはライオンの次にいい

 けさがた見た夢の話。

 まず前段がある。
 ある女が恋人からこっぴどく振られ、その復讐をもくろむ。題して、「極細麺 vs 極細ヘビ丼」。元彼の大好きな麺類をトラウマにしてしまおうという恐ろしい計画だった。女はヘビを飼って、たくさんの卵を産ませようとしていた。しかし、ペットショップでヘビを買ってアパートに戻ったあと、彼女を見たものは誰もない…。もしや、ヘビが彼女を…?
 という再現フィルム(?)を見ていたんだが、その女が私の友達の友達だとかで、心配だからと何人かで見に行くことになった。
 女のアパートに向かうバスだか市電だかの中で、
「でもそれって、ちょうどひと月くらい前の話だよね…(ヘビが彼女を食べたにしても、そろそろお腹がすく頃ジャマイカ)」
などと話していると、案の定、アパートの窓から巨大なヘビが飛び出してバスの中に突っ込んできた。
 一目散に逃げ出す乗客!! パニック!!

 が、私は走りながら、横にいる友達にこう言ったのだ。

「…でも、どうせ食われるんなら、アナコンダは、ライオンほどじゃないけど、結構いい方かも」
「な、なんで!?」
「呑み込む前に絞め殺してくれるしぃ」

 その冷静さは何なんだっ。目が覚めてもしばらく笑いが止まらなかったですよ。久々のヒットでした。
 ちなみに、巨大アナコンダはベージュ系のまだら模様。これってやっぱ、「極細麺」作戦のために彼女がアルビノを選んで買ってきたんでしょうか。でも、アナコンダの子供が極細ヘビになるとは思えん…。

 肉食動物に食われるっていうのは、死に方としては、わりといい方じゃないかなぁとは日頃から思ってたんです。食物連鎖の中に還れるなんて、先進国ではなかなか出来ない芸当ですから(遺体を堆肥にする、なんてのもスウェーデンではあるようですが→コチラ
 でもやっぱ、ワニやサメは怖いよな~、生きたまま食われるからな~、どうせ食われるならライオンとかチーターとか、猫科のハンターがいいよね、食う前にがっつり首根っこ噛んで窒息死させてくれるから…というところまでは、起きてる時に考えたことがあった。アナコンダは考えたことなかったけど。

 今回の夢では残念ながら、いざ掴まって巻き付かれたらどう思うか…というところまで体験できなかったけど、必死で逃げつつも喰われる時のことを考えている自分が、とっても面白かったです。

|

« 京都観光 | Main | 四季料理 かわむら »

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/8325110

Listed below are links to weblogs that reference アナコンダはライオンの次にいい:

« 京都観光 | Main | 四季料理 かわむら »