« クイーンアリスうめだ阪急店 | Main | 銀座 神谷 木挽庵、People TreeのWB »

September 13, 2005

鳥居本 つたや

 ずいぶんお久しぶりです。投稿の仕方ほとんど忘れてた。

 本日は念願の鮎料理を、鳥居本のつたやで食して参りました。
 烏丸から阪急電車で桂へ。嵐山行きに乗り換えると、すぐにのどかな山裾の風景に入り込んでいきます。
 中之島から渡月橋を渡って天竜寺横を通り、JRの駅前でタクシーに乗りました。まだ暑い時期の平日のせいか、以前来た時のにぎわいはなく、人通りもまばらな化野念仏寺を過ぎて、静かなロケーションのお店に到着。

 お座敷の窓からは、せせらぎと緑濃い木立の風景が見えて、雰囲気はばっちり。ビールをいただきながら、いざ。
 最初に運ばれてきたのは、胡麻豆腐と、とうもろこしのすり流し(一口コーンスープですね。甘味がよく出てました)。
 それから鮎の活き造り(マグロも二切れついてました)。活き作りといっても、さすがにピチピチ動いてはいませんでしたけど、鮎のお刺身は、たぶん初めて。氷を盛った深皿に笹を敷いて、その上に姿の美しい鮎が。さっぱりとクセが無く、張りのある身にはほのかな風味がありました。
 お次は鮎の塩焼き。熱々のいい匂い。ヒレを取ってシッポを折って、身を外側からそっとほぐしてから頭を引っ張ると、きれいに骨が抜けました。芸術的な造形。繊細な蓼酢でいただく鮎は、塩はぐっと控えめ、いーい香り。おかわりも出来ます。
 さらに鮎のから揚げと、骨煎餅が運ばれてきます。骨煎餅は、活き造りの時の鮎の骨を揚げたもの。頭から尻尾までこんがり香ばしく揚がっていて美味。丸ごとのから揚げは、塩焼きと同じ要領で骨を抜いて、おろしと天つゆで頂きました。こちらも美味し~い。
 次に運ばれてきたのは……伊賀焼の菓子鉢のような器に水を張って、冷や奴が泳いでいました。こくのあるタレと薬味でいただくシンプルな冷や奴も、こうして出されると湯豆腐気分のおご馳走に。京都の豆腐が美味しいのは、もちろん当然。
 最後は、小ぶりの黄瀬戸のお椀に、鮎雑炊と香の物。三つ葉と鮎の身のシンプルなお雑炊ですが、蓋を開けた瞬間にひろがる香りは絶品。これはおかわりしたいくらいだったな。
 デザートは桃と巨峰が、青竹の筒に入って供されました。
 約2時間で完食、満腹。
 お昼の鮎コースはお一人様1万円。サービス料は別だったみたいですね。カードも不可。

 帰りは、まだまだ暑いなかでしたが、ゆるゆると駅まで歩いて来ました。念仏寺、祇王寺、二尊院、落柿舎、竹林から野宮神社、天竜寺、渡月橋と名所をたどって小一時間。
 電車でほんの十数分でこんなところに来れちゃうんだから、京都っていいな。

|

« クイーンアリスうめだ阪急店 | Main | 銀座 神谷 木挽庵、People TreeのWB »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

ほんと京都っていいですよね。
ぜひ一度このお店に行ってみたいですね。
また詳しいこと聞かせてください。

Posted by: なるみ | September 13, 2005 at 23:26

>なるしょーさん
京都はいいよね~。美味しいものも、静かなところも、きれいな風景も、近場に沢山あるもん。
とりあえずもうちょっとリーズナブルなところで、また飲みましょう!

Posted by: らら美@肩こり | September 14, 2005 at 16:11

ほんと、ほんと、せいぜい20km四方の中にコンパクトに、なんでも納まってるから。
まわろうと思えば、自転車ででも行けちゃう(笑)
いいものにはお金をかけるのもよし、かけずに楽しむのもよし、お好みのままです♪

Posted by: winter-cosmos | September 14, 2005 at 22:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/5926525

Listed below are links to weblogs that reference 鳥居本 つたや:

« クイーンアリスうめだ阪急店 | Main | 銀座 神谷 木挽庵、People TreeのWB »