« 現場写真 | Main | びすとろ希味 »

March 21, 2005

『世界の王』

 ルネ・ゲノン『世界の王』。10年以上前に人に借りて読んだことがある。平河出版ってとこはトンデモ系に紛れて、こんなまともな本も出しているから困ったものだ。

 ゲノンは伝統的思想家の中では、群を抜いて分かりやすい文章を書く。ありのまま分かりやすく書いてくれるので、現代人の目にはかなりオカルティックに見えるだろうけど。
 伝統的思想と言っても、普通に生活しているとそれに触れる機会は全くない。それを否定しつつ否定していることさえも覆い隠すのが現代の顕著な特徴だから。認識を物質的次元に限定し、霊的源泉との繋がりを断った、無秩序で無原則な現代を、ゲノンは世界の暗黒化の、一つのサイクルの最終段階と見なしている。

 この本は、世界(当然ながら、可視的、物質的世界に限ったものではない)の中心に関する研究。霊的=精神的中心の像であるアガルタという隠された都市の伝承や、至高の中心の二次的な像である、各文明に適応した二次的な中心を示す聖地、聖なる島、楽園の伝承が伝えてきた象徴性を解説している。カリ・ユガの間、至高の中心は可視的世界からは隠されているため、われわれは「失われた何ものか」に関する伝承を知るばかりとなる(楽園からの追放、失われた言葉、聖杯)。
 東方の三博士はアガルタから来たとか、オカルト好きの人々が飛びつきそうなネタは満載だけど、語られているのは世界のサイクルと照応(コレスポンダンス)の法則、象徴的理解など、ごくごく「当たり前」な伝統的思想。

 前世紀初頭に書かれた文章でありながら、今日の世界の暗黒面を鋭く衝いているのは、世俗的な意味での歴史を越えた伝統的視点の真骨頂。ネオリベ、ネオコンの世界支配も、世界の暗黒化の過程における、一つの最終局面の表象なのでしょうね。ここまで徹底して近代を否定する思想家に触れたのは久しぶりで、ちょっと途方に暮れる。

|

« 現場写真 | Main | びすとろ希味 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

 はじめまして、金田一輝と申します。ゲノンを検索していて御ブログを見つけました。

 私も最近(シュオンを経由して)ゲノンを読み始めました(英訳本)。
 かろうじて邦訳されている2冊(『世界の王』『現代世界の危機』)が平河出版社から、というのが、日本のゲノン受容を物語っているような気がします。そのゆえ、日本ではいまだに「知る人ぞ知る」思想家のままですね(とはいえ、現在ではヨーロッパでも似たような状況でしょうが)。
 この2冊だけしか日本で紹介されていない、というのも問題で、少なくともヒンドゥー教研究(『ヒンドゥー教研究序説』『ヴェーダンタによる人間とその生成』)や純粋形而上学に関する著作(『十字架の象徴学』『存在の多様な状態』)などが紹介されなければ、ゲノンの真価を問えないと思います。
 ゲノンの著作集を出そうという勇気ある出版社はないのでしょうねえ・・。

Posted by: kanedaitsuki | January 13, 2010 at 20:50

シュオン→ゲノンとは、また濃ゆい方が日本にもおられるのですねぇ!
ゲノンは英訳がペーパーバックで入手できるだけ良い時代になったと思います。日本では……出版されても、ニューエイジャーにスピリチュアル系として受け取られるだけで、アカデミズムには受容されないのではないかなと。伝統的な知性は、近代的な知性の自己否定を求めますから。
A.K.Coomaraswamyはご存知ですか? A.K.サランとかは?
アマゾンのリストマニアで、Poulainさんという方がよいレビューを書いてますが、ご覧になりましたか?
細々としたものではありますが、シュオンやゲノンにつながる流れは、日本でも確かにまだ息づいています。

Posted by: らら美 | January 14, 2010 at 03:28

らら美さん、さっそくのレスありがとうございます。

>ゲノンは英訳がペーパーバックで入手できるだけ良い時代になったと思います。日本では……出版されても、ニューエイジャーにスピリチュアル系として受け取られるだけで、アカデミズムには受容されないのではないかなと。

 もともと正規のアカデミズム外で活動した人ですし。でも、似非スピ全盛の日本の状況に風穴開けるとしたらゲノンはもってこい、なんですけどねえ。

>A.K.Coomaraswamyはご存知ですか? A.K.サランとかは?

 前者は知ってますが未読。後者は聞いたことないです。

>アマゾンのリストマニアで、Poulainさんという方がよいレビューを書いてますが、ご覧になりましたか?

 もちろんです。というか、実はPoulainさんの追っかけみたいに洋書を読んでいたりします(ぜんぜん追いついてませんが)。私も「kanedaitsuki」名でアマゾンでレビューを書いたりリストを作成したりしていますが、いくつかPoulainさんとかぶってます。勝手に連帯してます(笑)

http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/AD2A5YOV2DYCB/ref=cm_lm_fullview_header_name

Posted by: kanedaitsuki | January 14, 2010 at 20:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/3380192

Listed below are links to weblogs that reference 『世界の王』:

« 現場写真 | Main | びすとろ希味 »