« 『世界の終末』 | Main | 自分のための御飯 »

March 25, 2005

Flower Fairies

CIMG0685CIMG0684 リメイクした妖精さん柄スカートですが、winter-cosmosさんに指摘されて、改めてCICELY M.BARKERという名前を意識してみました。で、アマゾンでA Deluxe Book of Flower Fairiesを買ってみました。
 1600円弱というお手頃価格にもかかわらず、表紙はアルバムみたいにクッションが入ってて、ページの裁ち切り三方とも銀張り、Flower Fairies of Spring, Summer, Autumn and Winter の四冊の詩画集がひとまとまりになって、さらに作者のバイオグラフィー、植物画のデッサンなども加えた解説、フェアリーで描かれている植物についての解説まである豪華本です。
 で、スカートの柄を探してみようと思ったんですが……神経衰弱は苦手~。やっと2つだけ見つけました。

|

« 『世界の終末』 | Main | 自分のための御飯 »

「日常: 雑文」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

 私が小さかった時なのでずいぶん前の話ですけど、森永のハイクラウンてチョコにこの絵の書かれたカードが入っていました。
 それを集めるか、何かしたら絵本がもらえたのかな・・・。私もプラスチック製のミニ額を持っていました。
 ちょっと上の年代の人の方が、この絵柄はよくご存知だと思います。
 うん。それ豪華本です。私が持っているのと装丁が全然違います。

Posted by: winter-cosmos | March 25, 2005 at 23:31

そう、豪華本なんです。なのに安い。この本に限らず、アマゾンで洋書が安く手に入るようになって、10年前とは隔世の感があります……。
この方の描く妖精さんたち、衣装が素晴らしいですね~。花びらや萼、葉などをモチーフにした衣装の素敵なこと。nightshade(イヌホウズキ)のオリエンタルな少年の妖精がお気に入りです。添えられてる詩は……

我を夜陰とよべ あるいはほろ苦さと
そなた、幼きものよ、聞くがよい
我ら相まみえるとき 両の手をせなに隠せ
その目を背けよ
我が花を摘むなかれ 果実を味わうなかれ
そは我が毒を含むがゆえ

ついでに七五調にするなら……

我が名は夜陰 ほろ苦き
 幼きものよ 聞くがよい
我ら会うとき 両の手を 背中に隠し
 目を背け
花摘むなかれ その果実 味わうなかれ
 我は毒なり

Posted by: らら美@肩こり | March 26, 2005 at 03:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/3437511

Listed below are links to weblogs that reference Flower Fairies:

» ちょっとびっくり。 [緑の森を楽しく歩いた]
 Cicely M.BarkerのFLOWER FAIRIES of the [Read More]

Tracked on March 26, 2005 at 06:55

« 『世界の終末』 | Main | 自分のための御飯 »