« 『大聖堂の秘密』 | Main | ぽん多の特製カツ »

February 19, 2005

ふぐ三昧

 室町三条上がるの「無門」でふぐコースを食べてきました。ネットでは「蕎麦酒房 無門」、でも現地入り口には「懐石居酒屋 無門」と書いてありました。
 てっさ、湯引き&ぶつ切り刺身、唐揚げ、焼きふぐ、白子、てっちり、雑炊のボリューム満点の豪華虎河豚コースで7000円ぽっきり。焼きふぐはテーブルで客が自分で炭火焼きをするし、雑炊も自分たちで作るので、サービス料分、割烹より安いのかなって感じです。居酒屋と割烹の中間を狙ってるお店なんでしょうかね。
 思ったんですが、てっさ、東京より厚く切るのが関西風なんでしょうか……?枚数が少ないけど厚みがあるのでボリュームは充分ってかんじで。唐揚げは、濃いめの味付けがたまらない香ばしさ。焼きふぐの炭火はいまいち火の熾りが悪くて、なかなか焼けなかったような……。でも全体としては、コストパフォーマンスは良かったと思います。
 満腹でもう駄目……と思いながら店をあとにし、三条を東に行くと、去年改装オープンした文椿ビルジングが目に入りました。ふらふらと寄っていくと、湯葉カフェこ豆やのメニューが誘惑する。黒豆湯葉のベイクドチーズケーキ、ゆばとココナッツのレアチーズケーキ、ゆばと豆乳のブリュレ、ゆばティラミス……。そのままビーコンに誘導され、抹茶の豆乳プリンとごまと豆乳のブラマンジェ、豆乳カフェラテをオーダー。天井が高くて明るい店内は京都らしいカフェの雰囲気。プリン美味しーぃ、ブラマンジェは豆乳の風味が残ってるので、苦手な人は苦手かもー、豆乳カフェラテは、豆乳の匂いが気にならないから不思議~、でした。ちょっとしたフードもヘルシーな感じで、一人でカフェめしするのにいい感じかもしれません。24:00までやっているのも高得点。

 でも、何しろ、食べ過ぎた……。

|

« 『大聖堂の秘密』 | Main | ぽん多の特製カツ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/3000482

Listed below are links to weblogs that reference ふぐ三昧:

« 『大聖堂の秘密』 | Main | ぽん多の特製カツ »