« 雪の日 | Main | 大豆とひじきのマスタードあえ »

February 03, 2005

スカートのリメイクと、もちきびハンバーグ

 昨日の雪はショックでしたが、せっかく髪も切ったことだし、寒くてもがんばんなきゃ、と思って、今日はスカートとジーンズのリフォームの見積もりに行ってきました。
 四条河原町の阪急に入っているメイズ生活工房へ。大昔に買い与えられたアルマーニのジーンズをスカートにリメークするのと、数年前に買った妖精さん模様の(いや、ホントだってば)タック付きギャザースカートをAラインにリフォームしてもらうので、果たしていくら掛かるか。

 デパートには必ず、お直しやオーダーを引き受ける工房があるけれど、センスがおばあさま達向けで、裾直しくらいしか頼めない感じがしますよね。でも阪急は百貨店全体が若い人向けなだけあって、職人さんも若い女の子で、見本に出てるのも普通に着れそうなシンプルで今風のデザイン。じゃ、試しに頼んでみようかなと思ったのです。
 アルマーニのジーンズは形が古くなってしまってもう着れないけど、いい生地でどこも傷んでないのに勿体ないなぁと思ってて。妖精さん模様のスカート(ええ、ホントです、いずれお見せしましょう)は柄が気に入って買ったんだけど、ヒップにボリュームが出る形なので似合わなくて、なかなか着出せないでいて。手直しすればまだ着れるものがあるなら、次々に新しいモノを買うよりは資源の節約になるかな、くらいの気持ちで見積もりをしてもらいました。新しいスカートを2着買うのと比べての、値段の相談ってかんじですね。
 妖精さん模様のスカートの方は……布を持ち込んでのオーダースカートの基本料金が3500円というキャンペーン中で、これにタックのほどきなどの追加料金をプラスしていく形で、9500円ほど。ジーンズをスカートにリメークする方は、7500円ほど。どちらも一回の仮縫い付きですっ!
 けっこう掛かる……と思うかも知れませんが、これらは純粋に職人さんたちの手仕事の代価。時給で考えれば、それ程高いとは思えません。それに、綿スカートとはいえインポートの一点ものと、デニムスカートと、両方を新品で買うと思えばもっと掛かるわけで。
 なので、2つともお願いしてきました。15日に仮縫い~。ちょっと楽しみです。

 帰りにアモスタイルでインナーウェアを買ったら、こちらも何かのキャンペーンでポッキーのミニパックがオマケに付いてきました。ちょっとラッキー♪

 で、今日の晩ご飯☆
 作ってみたかった「もちきびハンバーグ」にしてみました。レシピでは人参タマネギ白菜を炒めて、炊いたもちきびに混ぜて地粉を加えて形を整えて焼くんですが、白菜がなかったのでホウレン草でやってみました。これが美味しかった!ホウレン草と合わせたから余計になのかもしれないけど、もちきびが卵風の香りになるんですね。焼くときは焦げ付きやすくてちょっと扱いが大変だったけど、作った甲斐のある美味しさでした。
 でも……一人なのにたくさん作っちゃったから、明日も、もしかして明後日もこれ食べなきゃなんないかも~。

|

« 雪の日 | Main | 大豆とひじきのマスタードあえ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日常: 雑文」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/2794572

Listed below are links to weblogs that reference スカートのリメイクと、もちきびハンバーグ:

« 雪の日 | Main | 大豆とひじきのマスタードあえ »