« ミクニ 会うこと 図像学 レシピ | Main | 再び東京 »

January 14, 2005

残念ながら料理好き

 どっちかって言うと、やっぱり料理は好きなんだろうなぁ。それが義務みたいになって、やって当たり前と思われると我慢ならないだけで。
 買ってきたばかりの『マクロビオティックおしゃれレシピ』を見ているうちにウズウズして、さっそく作ってしまいました。誰かに食べに来て欲しいなぁ……と前項で書いたものの、誰も来てくれそうもないので自らを養うことにする。

 ・赤レンズ豆のスープ
 ・ベジタブルパエリヤ(……もどき。)

 パエリヤの方は、冷やご飯が残っていたので、今日のところはチャーハンで勘弁してやろうか、って感じで。中身の野菜は、あり合わせで代用。レシピではタマネギ、ピーマン、キノコ、トマトに芽ひじき、のところを、小松菜、にんじん、乾燥ポルチーニと芽ひじきに変えて、味付けの時にトマトケチャップを少量加えました。ひじき入りでも醤油味にあらず、というところがおしゃれ系。仕上げに大葉を刻んで上から散らしました。
 レンズ豆は年末に赤と緑の両方を買っておいたので、たまたま家にあったのです。こちらもレシピではタマネギを炒めたのと一緒に煮込むのですが、タマネギは無かったので、あり合わせの野菜クズ……にんじん、白菜、長ネギ……で代用。要するに野菜の甘味とうまみが出ればいいのであって。これは簡単で美味しくて、ちょっと感動! 野菜オンリーなのに、すごくコクがあって美味しいポタージュになるんです。が、これ、知らずに出されたら、私だったらカボチャスープだと思いこむだろうなぁ……レンズ豆独特の味って、あまり無いのかも。
 以上2品、「どれ作ろっかな~」と物色し始めてから完成まで、ちょうどNIRVANAベスト一枚分。約1時間。健康的なメニューの割にBGMが不健康な辺りが、私の限界ネ。
 これらと、昨夜の残りのジャガイモのマスタードみそドレッシング和えにビールを空けて、大満足の晩ご飯でした。
 野菜だけとは気付かれずに、肉食の彼氏彼女も騙されて満足しちゃいそうなレシピ本です。

|

« ミクニ 会うこと 図像学 レシピ | Main | 再び東京 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

体脂肪が若干高いので内臓脂肪がかなりあるような
気がします。
そんな訳で自炊は極力野菜だけで行こうと思って
るのでその本興味あります。
が、かなり手の込んだ料理ばかりなのでしょうか?

Posted by: なるみ | January 16, 2005 at 20:19

おしゃれ系レシピなので、一手間かかるのが多いですが、そう言われて予想するよりは、ずっと簡単ですヨ。特にスープ類は、ミキサーorブレンダーさえあれば、超楽チン。ぜひ本屋さんで見てみて☆

Posted by: らら美 | January 16, 2005 at 23:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/2572770

Listed below are links to weblogs that reference 残念ながら料理好き:

» 6)2005年2月12日 メルジメック・チョルバス [Sultanimin Golgesi]
平安がありますように・・・ イスタンブールはこの冬一番の峠を越して、 これから徐々に暖かい春へと季節が移り変わっていく模様・・・。 まだ寒さの厳しい地... [Read More]

Tracked on March 12, 2005 at 09:39

« ミクニ 会うこと 図像学 レシピ | Main | 再び東京 »