« 前屈の意味 | Main | クリント・イーストウッド »

December 13, 2004

まるで強化合宿

 東京から友達が来て……仮にC子さんとしましょう……一昨日、昨日と、自宅にいながらにして強化合宿のような日々でした。何の強化かと問われれば、おそらく胃腸と肝臓なわけですが、強化されたのか酷使されただけなのか定かではありません。
 土曜日の午後2時頃C子さんは我が家にやってきました。お茶飲んで一休みすると、帰りが暗くならないようにと、早々に伏見稲荷を目指して出発。ずら~りと並ぶ鳥居の写真は見たことがありましたが、全長四キロに余る山中の参詣道すべてに、ずっと鳥居が並んでいるとは知りませんでした。結構歩いたので小腹が減り、次々に見える茶店を横目に「わらび餅でも食べてこうか」などと言っていたのですが、いつの間にか「おでんもあるね」「おでんとビールか…」「ビール飲むなら帰りにしないと、やる気なくなりそう」などと話しているうちに、いつの間にかすっかりビールとおでんという方針が固まっていました。ちょっと見晴らしのいい「四つ辻」という辺りまで行って引き返すことにして、いざ、ビールとおでん。窓辺からみごとな紅葉を眺めながら、ホクホクのひととき。しかし翌日、そして今も、ふくらはぎが筋肉痛なのでありました。駅前で「こぎつねちゃん」煎餅をゲット。

 いい気持ちになって洛中に戻り、C子さんはタカシマヤの地下で味味香のカレーうどんをゲット。その後、外国人向けクリスマスプレゼントを探して京極と錦をうろうろ。途中で藤野の豆乳ドーナッツをゲット。買い物を済ませ一旦家に戻ると、夜はどこに行こうかと、豆乳ドーナツをつまみつつネットで当たりをつけてみます。百足屋太郎屋か迷ったあげく、お手頃な太郎屋の方に電話を入れてみると、6時半頃で既に満席。あいたら席を取っといてくれるというので、7時半頃に覗いてみることに。家を出てすぐにあるパン屋さんに目がとまり、「明日の朝のパン買っとこう」と、パンを抱えたまま太郎屋を目指しました。小さな路地を入り、風情のあるお店を覗くと、2階の座敷に席を取っておいてくれました。よく歩いたので、しかもハイテンションな女の子モードで喋りっぱなしなので、焼酎とおばんざいを次々に注文。九時過ぎ頃にはダンナも合流して、さらに追加注文した料理をつついては焼酎のおかわり。長時間にわたってちょっとずつ飲食を継続しているのでいつまででも食べていられそうな気分……なので、たこ焼きを買いに三条木屋町辺りを目指して3人でテコテコ歩きました。気が大きくなっていたので二十個入りの巨大パックでたこ焼きを買い、コンビニでワインを買って帰宅。ハンナさんを交えて宴会は深夜まで続きました。たこ焼きはしっかり食い尽くしました。

 夕方のおでんから深夜まで飲んだり食べたりし続けていたのに、翌日は11時半にガスパールにランチの予約済み。酔っぱらって寝ると、アルコールが抜けてくるタイミングで朝早く目が覚めるのですが、7時に目が覚めてもお腹一杯。もう一眠りして8時過ぎになってもお腹一杯。「このままじゃ、とてもランチなんかお腹に入らない…」と心配になりました。9時過ぎに起きて、血中のアルコールもまだ分解し切れてないような気がしつつも、私はせっかく昨日買っておいたパンも食べず、ひたすら筋トレとストレッチにはげんでランチに備えました。その間もC子さんは大きなクロワッサンをもぐもぐと平らげておられました……日頃の鍛え方が違います。
 ガスパールではさすがに2人とも一番軽いコース、前菜一品+メイン一品のコース。かりっと焼け具合の香ばしさがお勧めのフォアグラのポアレ(チーズリゾット添えをC子さん、私はサツマイモのピュレにエスプレッソがけ)、メインはブイヤベースと海老のパイ包み焼きをそれぞれが注文。……で、C子さんは午後から国際会議場でお仕事があるので、飲み物は「グラスでとる?ハーフくらいいける?」という感じでふってみると、「2人なら、一本飲めるでしょ」と、昼間っからフルボトルあけることになりました。勢いよく喋り続けながらもゆっくりと食事を楽しみ、気付けばチーズまで頂いて3時間経過。C子さんをお仕事に送り出し、私は夜御飯のために大丸の地下食料品売り場に潜入、下鴨茶寮の鴨鍋セットをゲット。夕方に来ても売り切れちゃってたら哀しいので、念のためと思い先手を打ったのですが、案の定、仕事帰りのC子さんと合流して夕方に来た時には、鴨鍋セットはなくなっていました。
 鴨鍋セットを抱えて帰る道々、またもや私の心に不安がよぎります。「こんなにお腹一杯お昼を食べて、しかも昨夜からずっと酒も抜けてないし、とってもじゃないけど晩ご飯なんて入らないかも…」とにかくいい気持ちにワインが入って、昨夜の眠りが浅かったせいもあってか、帰宅後はお昼寝モード。幸せ~、でももう食べられない~、と悩ましい思いにうなされました。
 仕事を終えたC子さんと合流して再びデパ地下でお総菜少々を買い、ダンナにビールを買ってきてもらって、いざ、鍋の準備。買ってきたセットに水菜と大根とくずきりをたして鴨鍋。もう一つ寄せ鍋の方には、ダンナが札幌出張で買ってきたカニを入れました。遅れて後輩のNくんも合流し、4人で鍋をつつきました。「もう食べれない、もう飲めない…」と思っていたにもかかわらず、鍋に火が入る頃にはいい具合に胃が空になっていて、意外と箸がすすむのに我ながらびっくり。お酒ももうあんま飲まなくていいや、と思っていたのに、結局日本酒をよく飲んでしまったし……。十二時過ぎにお開きになるまで、2泊の強化合宿でかなり鍛えられたような気がします。でもC子さん、2泊までしか一緒に食べ歩きは出来ないからね。それ以上は絶対無理!
 今日からは梅干しのおかゆで胃腸と肝臓をいたわるつもりです。

|

« 前屈の意味 | Main | クリント・イーストウッド »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

何とも凄い合宿?!です。
最近はそんなに食べるのも飲むのもダメになってしまいました。

Posted by: なるみ | December 13, 2004 at 21:51

ほんとに、久々の強化合宿でしたわ~。
伏見稲荷ハイキングで、今もふくらはぎが筋肉痛だし。
今夜の晩ご飯は、ゆうべの鍋の残りでおじやにしました。おいしかった♪

Posted by: らら美 | December 13, 2004 at 22:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/2256147

Listed below are links to weblogs that reference まるで強化合宿:

« 前屈の意味 | Main | クリント・イーストウッド »