« パリのお勧めミュージアム | Main | ネットから恋が生まれ、命が消える »

September 23, 2004

秋分の箱

 ある人が河原を歩いていると、上流から真っ四角のハコが流されてくるのが見えた。
 黒っぽく塗られたふたの部分が、ゆらゆらと川面に浮かんでいる。
 やがてハコは流れのゆるやかな川岸に近づいてきて、浅瀬の小石に乗り上げて止まった。
 その人は何となく気になって、土手を下ってハコを拾い上げた。
 ちょうど掌におさまるくらいの大きさの宝石箱のようだったが、鍵穴の部分が乱暴にぶち破られていた。
 ちょっと力を入れると、少々歪んでいるふたが、難なくひらいた。
 中には銀色の鍵が入っていた。
 だが、鍵穴を壊したときに、この鍵も一緒に壊れてしまったのだろう、肝心の差し込み部分が曲がってしまっている。
 甲斐もないものを拾い上げたとがっかりしていると、また一つ、上流から流れてくるものが目に入った。
 同じような大きさの、今度は白く塗られたハコだった。
 ここまで来たら拾ってみようと思い、浅瀬に流されてきたところに手を伸ばすと、こちらは鍵穴も壊れていない。
 白と黒と、ふたつのハコを両手に、その人は土手に座り込んだ。ふたつのハコは大きさも同じ、どう見ても二つで一組と思えた。
 黒いハコから出てきた銀色の鍵を、試しに白いハコの鍵穴に当ててみる。
 曲がっていて入らないが、どうやら白いハコを開ける鍵に相違ない。
 と、いうことは……
 白いハコの中には、黒いハコを開ける鍵が入っているのではあるまいか。
 鍵を手にしたまま、その人は二つのハコを目の前に置いてがっくりと肩を落とした。
 鍵が曲がっている以上、白いハコを開けることはできない。
 仮に無理矢理開けたとしても、出てくるのが黒いハコの鍵ならば、黒いハコは既にこじ開けられているのだから、その鍵など用もないものでしかないのだ。
 二つとも閉じたままなら、それはそれで何とはなしに不思議めいてよろしかったものを、誰かが乱暴に黒いハコを開けたせいで、ますます甲斐もないことになってしまった……と、その人は深々と溜息をついてハコを二つとも川に流してしまった。
 その年の秋の、昼夜平分の日であった。


  ********************
 「王子と乞食は二つの閉ざされた手箱。一方の中に他方の鍵がある」という私の大好きな「二つの箱」の話も、現代ではこんな感じかな、って。

|

« パリのお勧めミュージアム | Main | ネットから恋が生まれ、命が消える »

「創作」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/1503092

Listed below are links to weblogs that reference 秋分の箱:

« パリのお勧めミュージアム | Main | ネットから恋が生まれ、命が消える »