« 拭き掃除の快感 | Main | 暴力は恐怖の表現 »

August 20, 2004

ホームレスbloggers

 健次郎さんの「ミッドナイト・ホームレス・ブルー Plus One」は、ホームレス自身によるブログ。7月の記事に、パソコン通信時代からのネット友達である阿川大樹さんの小説のことが書いてあったりして、(おそらく3人ともが)世の中狭いなぁ、不思議だなぁ、と思った。
 ブログの内容は、外野の野次馬が期待するようなホームレス生活の苦労などは一切無く、ホームレスであることの精神生活の分析や、行政や支援団体への苦言なども。8/19のエントリーで、一時休止宣言。

 もう一つのブログは、「ホームレスな日々」。失業中とはいえ実家に家族もあるらしいが、お盆前の求人情報激減を期に、一種のリフレッシュ休暇じみた逃走なのか、自らアパートを引き払って海に近い山中の神社で過ごす記録。文章もいい。8/16のエントリーで新しい仕事と住処を得たことが報告されている。

 ビッグ・イシューを買ったり投稿したりする程度には「ホームレス問題」に関心があるが、上に挙げた2つのブログを見るだけでも、ホームレスの人たちは一括りにできない。当たり前だ、ホーム有りの人たちだって一括りじゃないんだから。

 「ホームレス問題」に関しては、弱者切り捨ての構造改革や、効率化の名の下に進む“底辺へ向かうチキンレース”であるグローバル化のことなど、マクロな状況からして言いたいこともある。だからビッグ・イシューみたいなマクロかつローカルに展開するアクションを応援したい気持ちがあるし、単なる炊き出し以上の自律支援の必要性にも関心がある。

 ただ、正直言って、私は苦労知らずに育ってきて、贅沢な悩み以外抱え込んだことがない。取り立てて言うほどバカでもブスでもビンボーでもなければ、苦労も悩みもたかが知れている。明らかに恵まれている自分の状況が負い目になって、困難を抱えている人たち、社会的に「弱者」と呼ばれるような人たちに対して、かける言葉を見つけられない。大変ですね、と言ったって、私自身はそんな大変さは知らない。むしろ自由な生活かも知れませんね、と言ったって、こっちは風の通る快適なマンションで愛犬の顎を膝に乗せて書いているのだ。上記のブログにコメントしようと思っても、出てくる言葉はせいぜい、「文章がいい」とか「冷静な分析だ」とか、高所からの無感情なもの。そこから先に踏み込む言葉が見つからない。
 それでも私がホームレス自身の発信に興味を引かれるのは、社会からの孤絶感に、何となく共感してしまうところがあるからかも知れない。引きこもりと友達の少ない専業主婦と独居老人とホームレスは、心理的にヘルプレスな点だけは近いところもある(追い込まれ方は当然個々で違うが)。経済活動に参加しないこと自体がストレスになるような社会がまともかどうか私は知らん。賃金の授受以外に社会とのつながりが成り立ちにくいのは、社会としては貧しいんじゃないかとも思う。……食うに困ってない者の贅沢な戯言だけど。

 最後にこんなことを書くといかにも言い訳じみているが、私もここ10年本が出ていない無職の物書きだから、ホームレス生活はまだ距離はあるものの、別世界ではなく、地続きに感じもする……と言うのも嘘ではない。今時はどんなサラリーマンだってそうだろう。リストラされて家賃が払えなくなれば、明日は我が身、なのだ。
 年間4万人近くが自殺し、主要な死亡原因の一つが自殺という有様の日本では、ホームレスだって生きている、という発信は、とても重いものだと思う。
 私は……社会が悪い、政治が悪い、と叫ぶのだって、恥ずかしいことじゃないと思ってる。だってホントに、意図的に、弱者を生み出し切り捨てていく仕組みが作り上げられつつあるんだから。
 誰かが首くくる前に、飛び降りる前に、誰かが言ってやらなきゃいけないんじゃないか……「あんたが悪いんじゃない、あんたが無能だからじゃない」。恨めよ、怒れよ……死ぬなんて言うなよ、って。

|

« 拭き掃除の快感 | Main | 暴力は恐怖の表現 »

「日常: 雑文」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

http://syo2oo4.at.webry.info/
初めまして!というか僕のブログに来てくれたken_ke
nさんですよね。それにしても驚くことしばしという
感じでした。僕へのコメントとは打って変わった辛ら
つで洗練された文に職業作家としての一端を垣間見た
ような気がしました。
愛犬もいて快適なマンション暮らしをしている一方、
執筆活動から遠ざかっているらしくそれなりの不安も
あって、ホームレスをしている人たちをどこかでご自
分の延長線上にある無関心ではいられない存在として
受け止めている。だから僕のようなもののところにも
トラックバックして下さったんだと思います。
僕とあなたは同じ年齢です。僕は会社勤めが長くおも
にそのほとんどの人生を工場勤務に費やし、長年物書
きとして辿ったあなたの人生とは歩んできた道のりは
違います。でも同年代をともに生きているという共感
は心のどっかに感じていて、僕へのコメントの中であ
なたの年齢を知るに至り、何故か分からないけどすご
く安心感が生まれました。
これからもあなたのブログを興味深く拝見していきた
いと思います。それでは・・・

Posted by: syo | August 22, 2004 at 20:37

わー、わざわざコメントありがとうございます。
ただ、わたくし、ken kenさんとは別人なんです。もうちょっと若輩ものなんですよ。
その後の記事、読みましたが、何だか人生って……ジェットコースターみたいなときがあるんですね。
そんな中でも自分を哀れまずに前向きなお姿に、本当に頭が下がります。
「幸運と不運はふたつの小箱。一方の中に他方の鍵がある」

Posted by: らら美 | August 23, 2004 at 05:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/1235659

Listed below are links to weblogs that reference ホームレスbloggers:

» 物乞いに会いました。 [同棲生活]
今日、地元を歩いていたら、物乞いに会いました。 道を聞かれるか火を貸して欲しいの [Read More]

Tracked on August 20, 2004 at 22:39

« 拭き掃除の快感 | Main | 暴力は恐怖の表現 »