« 選挙はギャンブルに似ている と トービン税 | Main | 非暴力ネタへの様々な反応 »

July 12, 2004

いくら俯瞰しても視点は透明にならない

 これは大学ん時のフランス文学の先生がよく使った例なんだけど、「He is sad.」という言い方は出来ても、「彼は悲しい」という日本語はない、って。日本語で言えるのは「彼は悲しそうだ」。彼が悲しいかどうかなんて分かるわけ無いのに「彼は悲しい」と言っても日本語にならない。透明な視点は日本語では無理というのだ。

 ここ数日、ブログで見かけたふたつの文章。
 一つめは人質バッシング批判をするマスコミを批判するもの。tool box under the treeさんの「バッシングとバッシング批判の悪循環の病理」というエントリーから。

 まず、第1に、日本は、欧米のように、自然と近代化された国ではない。「人権」というような概念は、あくまでも「輸入物」である。

 第2に、戦後の日本は、「輸入物」に過ぎない「人権」およびそれに類する概念を、神のように崇め奉り、逆に、日本人独特の共同体の感覚を「世間様を気にする」のような形で異常に貶めてきた。

 第3に、「人権」のような概念が絶対的に善であり、「世間」のような概念が絶対的に悪というわけではない、という反省が生まれてきた。つまり、それぞれの文化が相対化されてきたのである。
 実際に、「共同体」は人間のアイデンティティの源泉のひとつなのであり、日本的な「世間」の感覚も、欧米的な「人権」の感覚も、共に相対的なアイデンティティの源泉として理解されるようになってきた。

 第4に、しかしながら、「人権」のような概念を絶対善とする人々が、依然として存在する。彼らは、第2の段階にあり、今もまだ、日本人的な「共同体」の感覚をひたすら貶める。彼らは、一定程度孤立化したため、異常なほど日本的な感覚を嫌う人権主義者になり、人権を布教するようになり、ある種の政治団体になっていった。(ネット上では、そのような人々を、「プロ市民」と呼ぶようである。)

 第5に、逆に、一般の人々には、異常なほど日本的な共同体感覚を貶める彼らは、「常識はずれの、人権ばかり主張するおかしな人」と映るようになってゆく。彼らが異常なほどに、「人権」を主張し、日本的な感覚を貶めれば貶めるほど、反作用として、一般の人々は、彼らに嫌悪感を抱くようになる。

 第6に、人権主義者はマス・メディアに多く、声高に人権を叫ぶ。さらに、マス・メディアは、自分たちを正当化するため、「弱者」を引っ張り出し、自分たちと同じ人権主義者に変貌させる。「弱者」たちは、悲しいかな、プチ人権主義政治団体に変貌してしまう。

 第7に、一方、異常なほどの人権主義者に嫌悪感を抱いている人々は、一般人に多く、自分たちの疑問を表明する場はない。彼らの発言の場は、ネット上に限られる。彼らの、「異常な人権主義者」や「異常な人権主義者に変貌してしまった弱者」への疑問は、ネットではき出され、これまた、「異常なバッシング」へと激化してゆく。
 「異常なほどの人権主義者」に対して、「異常なほどの共同体主義者」の群れが生まれる。

 第8に、こうなると、もはや悪循環である。マス・メディアは、一般大衆の(特にネット上での)「異常なほどの共同体主義」を口を極めて叩き、一般大衆は(特にネット上で)、「異常なほどの人権主義」を口を極めて叩く。
 「人権主義」・「共同体主義」の本質的な部分は、もはや互いに触れることもない。互いの「異常さ」を言い立てるのみである。

 第9に、このような、互いに異常さを言い立てるのみの社会は未熟である。一般大衆も未熟であるし、マス・メディアも未熟である。

部分的に賛成。左翼や筑紫みたいのがウザイ理由を、よく言い当ててる。悪循環の構造も理解できる。でも、「日本独特の共同体感覚」(で、それって何?)を異常に主張する政治家連中が外交感覚ゼロの家父長制おやじであるとか、そういう視点を覆い隠しちゃってると感じるのは気のせいだろーか。「共同体感覚」の健全な発露がどういう形になるのか不明なので、みんなと違うこと考えついちゃったときにどうすればいいのか、わかんないし。輸入物である「人権」を絶対善とすることへの批判は分かるが、じゃ、日本には人権は必要ないものなの?共同体感覚で補完しきれるのかな?

 もう一つは▼CLick for Anti War 最新メモさんのエントリー「文化のチカラ」から、ソース不明の、伝 ひろゆき(偽 ひろゆき)の発言として流布している文章。

西村 「右翼的なことを書いてる人々は、逆差別に怒ってるつもりなんですよ。……(略)……現実を無視して、”逆差別を批判する”と息巻いてみても、それは”正義”の仮面をかぶった単なる差別主義以外の何物でもない。それこそが差別の典型なんです。
つまり、逆差別への批判、つまり差別主義の裏の裏をかいたつもりが、結果的に単なる昔ながらの差別になっているということです。」
……(略)……
西村「テポドンがどうこうとか、拉致がどうこうって言っていた同一人物が、テポドンも撃ってない、拉致もしてない、独裁でもない韓国の悪口を言う。しかも、朝鮮国籍だけでなく、韓国籍の人の地方参政権まで否定してたりする。矛盾もいいとこ。あげくに、過去の日本の戦争責任も否定していたりする(笑)。」
……(略)……
記者「でも、そういう書き込みが多いですよね?なぜ?」
西村「だから、そりゃ職業右翼の人もいるし(笑)。それに、そういう書き込みが他の書き込みや普通の人々を2ちゃんねるから遠ざけてる面もある。」
……(略)……
記者「でも、反北朝鮮の投稿は国益重視ってことじゃないの?」
西村「それは、繰り返しになるけど、差別主義の正当化の理屈だと思う。
っていうのは、韓国という自由貿易国との友好は、日本の国益に適うのに、反北朝鮮の人は同時に反韓国でもあるからね(笑)。国益は関係ないでしょ。」
記者「国益のためじゃない?」
……(略)……
西村「そう。強いていうなら、個人益だね。自分の考えを書いて、快感を得てる。
 もし本当に国益のことを考えるなら、小泉不況下の経済自殺とかにも言及する筈。自分も仕事柄、IT系のスターティングアップ期の企業経営者とかと話すけど、今の日本では、毎日、数十人の経済自殺が出てるわけ。倒産も凄い。もしかしたら、この中に、第二のソニーやホンダがあったかもしれない。
こういうことを考えたら、5人の拉致被害者も重要だけど、毎日起きてる数十人の自殺や企業倒産のほうが国益には直結するはずなんですよ。」
……(略)……
記者「群集心理みたいなもん?」
西村「そう。論理的に見て疑わしい言説も、なんとなく信じちゃって、一回信じると、それがスタンダードになって、皆もそうだと信じてしまって、その結果として右翼的投稿の連続になると。」
記者「論理的には疑わしい?」
西村「うん。だって、国益って言っている人は、沖縄の基地問題についてはどうですか?
日本の民間人が戦後、米兵によって無数の人が殺されたり、強姦されたりしてますよね。それは現在進行形ですよ。でも、それについては、なぜか、何も言わない。」
記者「北朝鮮がやったことについてだけ、国益を持ち出すと?」
西村「っていうか、安保が大切だから、日本国民が殺されてもレイプされてもいいと言うなら、それはそれで一つの考えなの。でも、その論理だと、100人くらいの拉致に怒る理由はなくなっちゃうんだよ。だって、北と貿易したほうが国益になるもん(笑)。
あるいは、拉致を無かったことにして国交樹立したほうが軍事的にも安定する(笑)。
でも、北朝鮮を批判する人は、一人の生命や尊厳も守るのが国家であり国益だと、言うと思うんだよ。でも、実際は、沖縄で今現在も続く悲劇にはなぜか無言(笑)。」
記者「たしかに矛盾ではありますね。」
西村「国益が聞いて呆れるよ。思想の問題じゃなくて、矛盾してるのが良くない。ダブルスタンダードだから。基準がひとつなら、どんな思想もいいんだけど。
日米安保が大切だから、米兵の強姦なんか全然OKって言うなら、経済交流が大切だから、北朝鮮の拉致も、別にいいじゃんとなる筈。論理的には。」
私は2chの名無しさん文化って好きなんですけどね。ストーリーテラーは名もなく炉辺で語るべきなので。
 ひろゆきがニュー速などでの職業右翼の活躍についてネットラジオで言及したことがあるのはホントらしいですね。
 どれだけ「ひろゆきっぽい」のかは判断できないけど、視点も文体もブレがない。何しろ偽書にしても良くできてる。

 どれだけ書き慣れても、文体は筆者をも縛り、欺くことがあるので注意が必要。

|

« 選挙はギャンブルに似ている と トービン税 | Main | 非暴力ネタへの様々な反応 »

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

「彼は悲しむ」
「彼は悲しんでいる」

じゃダメなんですかね。

茶々でした。

Posted by: | July 13, 2004 at 09:18

その辺のところを小説家は苦労するわけで(^_^;)

Posted by: shimada | July 13, 2004 at 20:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/954137

Listed below are links to weblogs that reference いくら俯瞰しても視点は透明にならない:

» 「バッシングとバッシング批判の悪循環の病理」への疑義にお答えして [tool box under the tree]
 「一輪庵」さんから、私の「バッシングとバッシング批判の悪循環の病理」にトラックバックをしていただき、同時に、「部分的に賛成。左翼や筑紫みたいのがウザイ理由を、... [Read More]

Tracked on July 14, 2004 at 08:35

« 選挙はギャンブルに似ている と トービン税 | Main | 非暴力ネタへの様々な反応 »