« HELLO ―非依存的陰気パワー― | Main | SHINING OVER YOU ―夜に繋がれ― »

June 17, 2004

HORIZON ―眼差しこそが世界を形成する―

 ドラマチックなサビが印象的。
 “HELLO”では悲壮感など露ほども見せずに砂漠を突き進んだhydeさんですが、この曲になるとだいぶ消耗してきて、弱気が入ってきた模様。
 「果てしない砂漠の上」で、「揺り籠」や「穏やかな日々」に焦がれ、「君を待ち続けた」けど、ここにはもう「切なさ以外」には何もない(“HELLO”では‘君を待たせてた’から、逆になってる)。「ひび割れた胸」が「痛いよ」と言ってみたり、「ちぎれた想いが叫ん」だり、かなり弱音吐いてます。
 人間、体力消耗すると、体でも心でも、その人の一番“弱いところ”から機能停止していくと言います。この歌の彼の弱いところが、安息への憧れというわけでしょうか。

 でも、たぶんその弱さと同じ場所に、彼が最後まで手放さない、奪えない何かがあるのです。
 彼は「有刺鉄線」引きずってでも、「明日をつかむ」意志を捨てることがない。(立入禁止地帯ですか?脱走してきたんですか?)
 彼の意志は彼の眼差しです。
 タイトルはHORIZONと単数形ですが、歌詞の中ではHorizons rise here in my eyesと、複数形になってるので、こちらは地平線じゃなく、視野・視界という意味。彼の目に視界が……果てしない世界が浮かび上がり、何もかも呑み込んでしまう静寂の呼び声が聞こえる(A sound of silence calls)。でも彼の心には遙かな望みが永遠にあり(a distant hope is mine forevermore)、だから彼は空を見上げ、その眼差しは「最後の一つまで 眩しい矢」となって放たれ、空間を切り裂いて、世界を切り拓いていく。
 地平線の彼方の安息に焦がれながらも、彼は空に向かって眼差しの矢を放つ。それが真実な眼差しである限り、彼は世界を生み出す力を失わない。血を吐くように切ない、真実への意志。

|

« HELLO ―非依存的陰気パワー― | Main | SHINING OVER YOU ―夜に繋がれ― »

「ラルク」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/783607

Listed below are links to weblogs that reference HORIZON ―眼差しこそが世界を形成する―:

« HELLO ―非依存的陰気パワー― | Main | SHINING OVER YOU ―夜に繋がれ― »