« 大人げネェー! | Main | 現状を追認しないと罪? »

May 21, 2004

卵も牛乳も使わないアップルパイ

 しばらく前からマクロビオティックを取り入れた食生活をしておりまして、我が家では普段の食事に肉も卵も牛乳も使ってません。玄米菜食って感じで、現代栄養学とはちょっと違う陰陽の理論で考えるところなんか、ゲーム感覚で面白いのです。「肉食べなきゃ栄養失調!牛乳飲まなきゃカルシウム不足!!」みたいな強迫観念から逃れると、「あ、食べなくても大丈夫なんだぁ」と、とても気楽になります。
 大学時代の上級生夫婦がマクロでダイエットに成功したのを目撃したのは……十年以上前なんですが、それから時も流れ、たまたま去年知り合った女の子が、マクロをはじめて頭痛がなくなったと聞き、激しく心惹かれました。でも生来怠け者なので「料理とか大変じゃない?」と訊ねてみると、調味料の種類が少なくなるからかえって楽だし、今日は何作ろっかなーって楽しいですよ、といわれ、それなら……と恐る恐る、『マクロビオティックがおいしい。』を買ってみるところから始めました。お揚げ、高野豆腐、お麩なんかを使う料理にも慣れましたし、昆布とシイタケの出汁も自分で取るようになりました。野菜炒めだってキノコを多めに入れると満足感あるし、ホワイトソースも豆乳だとこくがあっておいしいです。
 とはいえ、おいしいもの食べるのは好きですので、外食では気にせず何でも食べます(牛肉は特に環境負荷の高い食品なので、普段から食べなくていーじゃん、たまの贅沢でいーじゃん、と思ってます。マックや吉牛なんて食べる気がしないし)。

 そんなこんなで、本日は卵も牛乳も白砂糖も使わないアップルパイを、先ほどオーブンに放り込んだところです。
 パイ生地代わりのクラストは、薄力粉1カップ+強力粉4分の3カップ、塩少々をふるってから、紅花油3分の1カップをまんべんなくこすり合わせるように混ぜ、生地がまとまるくらいに少しずつ水を足して30分寝かせ、あとはラップでサンドしながらめん棒で延ばすだけ。(アップルパイは上にも生地をかぶせるので、上記の二倍量で作ります。我が家ではダンナ実家製の小麦粉を薄力+強力粉の分量使うので、油が上記量では多すぎるみたい。半量でちょうどいい感じ)
 中身はリンゴ3~4個を薄切りにしてレモン汁と塩をまぶし、クラストを敷いた型にどさっとそのまま入れ、その上にメープルシロップ、米アメ、くず粉、小麦粉各大さじ2くらいとレモンの皮のすり下ろし(アメリカ産はポストハーベスト農薬が危険なので必ず国産、出来れば無農薬)を混ぜたものをかけ、のばした生地で覆って、フォークで穴を開け、オーブン190度で30~40分。
 そろそろいい匂いがしてきました~。
 あっさりしてて食べよいおやつになります。

|

« 大人げネェー! | Main | 現状を追認しないと罪? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/630461

Listed below are links to weblogs that reference 卵も牛乳も使わないアップルパイ:

« 大人げネェー! | Main | 現状を追認しないと罪? »