« メモ | Main | 非暴力漫画シリーズ2 トライガン & トライガン・マキシマム »

September 27, 2001

懸念

同時多発テロ以降の開戦ムードに、実は、ちょっと言葉を失ってて、新作の方も進んでません。
うかうかしてるうちに、また一つ年をとってしまった……

☆タリバン逝ってよし……なのか?!
ビンラーディン氏が犯人だという証拠をアメリカが出しそうな流れになってきたのは歓迎します。
最低限のスジは通さなきゃ、いくら何でもアラブ諸国も黙ってられないでしょうし。

アメリカ政府は、空爆やミサイルどかんといった分かり易い乱暴は働かないみたいですね。
そのかわりに、北部同盟を支援したり、特殊部隊を投入したりで、タリバン政権を潰すことにしたみたい。

どうやらマスコミも、「ビンラーディン&タリバーンが悪。アフガンの一般市民の犠牲は最小限に」というところで手を打った感があります。

アフガンの人たちを空爆で死なせたくないと思う人でも、タリバンをアメリカが潰すのは「ま、仕方ないかなー」と思っちゃうみたいで、私はそれが悲しい。
だって、タリバンを積極的には支持しない人だって、アメリカやアメリカに支援された北部同盟が攻めてきたら、自分の村を守るために銃を取っちゃうかもしれないんだよ。戦闘員と非戦闘員の区別は付きにくい。

「タリバンは人権侵害をしている」(by西欧の物差し)→だからアメリカがタリバンに人権侵害しても良し。殲滅やむなし。ってこと?
滅茶苦茶やん。
タリバンは、「証拠があればラディンくんの身柄を第三国に引き渡す」って、言ってたんじゃない? 外交交渉せーや。

タリバン支配が良いか悪いかは、アフガン人が決めること。
食料と水と医療と寝床があれば、アフガンの人達は、そうしたければ自分たちでタリバンを追い出すでしょう。
アメリカが北部同盟を援助して新政権を作るなんてことになったら、パキスタンのパシュトゥーン人だって黙っちゃいないでしょう。
大国による内政干渉は、更なる混乱の種をまくだけ。歴史から学べや。

☆LOVE & PEACE
「テロは許せない」と感じる前に、「アメリカ反省せーや」と思う自分の心が、平和になってないなぁと思う。
誰も憎いわけじゃない(テロリストも、ブッシュくんも)。
でも、フェアじゃないって気持ちが強くある(貧困は仕組まれている)。
誰かが憎いわけじゃなく、でも、怒りがある。
今回のテロ事件って、私の心の中のテロを見透かされたみたいな気がする。
だから私は、自分の中の怒りを、もっとよく見つめていかなきゃと思うんだ。

怒りでテロに走るより、非暴力でこられた方がアメリカにとっては絶対脅威だ。
CIAも政府も、公民権運動を圧殺することができなかった。
イスラム世界のまっとうな要求は、今こそ非暴力戦略で世界に提示すべきだと思う。誰もが無視できなくなるまで。命がけで。

テロを許すとか許さないとかじゃないんだ。
もともと暴力が溢れた世界から来たテロリストに、そんな偉そうなこと言えない。
ただ、テロは哀しいから、やめて欲しい。

|

« メモ | Main | 非暴力漫画シリーズ2 トライガン & トライガン・マキシマム »

「ニュース」カテゴリの記事

「日常: 雑文」カテゴリの記事

「非暴力」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/700503

Listed below are links to weblogs that reference 懸念:

« メモ | Main | 非暴力漫画シリーズ2 トライガン & トライガン・マキシマム »