« ベビー・グレース・ブルー | Main | びっくりするような金融政策 »

February 13, 2001

唯名論的日常 nominalistic days

 ドストエフスキーを読み始めると、いつのまにかアレクセイ・ミハイロフ侯爵が現れる。
 亡命ロシア貴族で、去年か一昨年あたりから昵懇にしている。
 それまではスージーというアメリカ女が住み着いていたのだが、ミハイロフ侯爵が現れるとスージーは姿を消す。
 彼らの行動範囲はおおむね重なっており、私の肩から肩胛骨周辺、背骨の両側を腰の方まで、及び首筋一帯である。
 スージーとは長い付き合いだが、 ミハイロフ侯爵の存在感はさすが亡命貴族と言うべきか、尻軽のアメリカ女の比ではない。
 ずっしりと重々しく、根深い。
 特に首筋から頭全体、時には眼底部や顔面に及ぶ彼の影響力は、フランケンシュタインのネジが頭を締め付けているようだし、瞼に指をつっこんで目玉をほじくり返したい衝動にも駆られる。
 ちなみにダンナの背中には、右にゴンザレス、左にハリマオという強力な二大勢力が蔓延っている。更に言うならピカール・フランソワやツッチーというのも各部に住み着いている。
 パソコンやプリンターに名前を付けている人はわりと多いと思う。
 今のパソには名前を付けていないが、前のはエドベリ、その前はシーラ・Aという名前だった。
 ついでに言うと、居間の空気清浄機が竹埜丞、ガス・ファンヒーターが雪埜丞で、コタツの通電を司る「炬燵の精」(これが留守だとスイッチを入れても暖まらない)というのもいる。
 戦闘機乗りが愛機に女名を付けるのも良く知られている。
 このような人間の習性を、〈原初的な汎神論的心性の発露〉と解説しているのを何処かで読んだことがある。
 戦争とか、ハイテクに取り囲まれた環境とかが抑圧する原初的な心性が、バランスを取るために表面に現れてくるのだという。
 それも一つの見方である。

 記号の意味対象に普遍的な共通本性を認めない唯名論の立場では、名辞が多様になっても事物は多様化しない。俗流に理解される汎神論とは対立する立場であって、唯名論に於いては〈神性〉と〈神の叡智〉は一つにして同じである。
 だから、たとえミハイロフ侯爵が故国から家族を呼び寄せても、ここにあるのは私の背中であり、肩であり、首筋でしかない。

|

« ベビー・グレース・ブルー | Main | びっくりするような金融政策 »

「日常: 雑文」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32134/570965

Listed below are links to weblogs that reference 唯名論的日常 nominalistic days:

« ベビー・グレース・ブルー | Main | びっくりするような金融政策 »